仏さまを描いてみよう!!〜癒しの仏画教室〜 第8回「十一面観音」

 今回は、千手観音とならんで人気の高い「十一面観音」を描いてみましょう。
 十一面観音は観音さまの基本形である聖観音の頭上に、10もしくは11の顔がある姿に変化したお姿をしています。苦しんでいる人をすぐに見つけるため、十一面は八方(東・西・南・北・東北・東南・北西・南西)と天地を見て、全方向を常に見守っているといわれています。
 十一面観音はその深い慈悲により衆生から一切の苦しみを抜き去る功徳を施す菩薩であるとされ、女神のような容姿に造られたものが多くみられます。

%e5%8d%81%e4%b8%80%e9%9d%a2%e8%a6%b3%e9%9f%b3%e3%81%95%e3%81%be%e3%80%80%e6%b1%ba%e5%ae%9a

 十一面観音の仏像には額や頭頂部に阿弥陀如来がいらっしゃることが多く、これを化仏(けぶつ)と言います。なぜ阿弥陀如来が装飾されているのかというと、阿弥陀如来が如来という身分を隠している姿が観音菩薩だともいわれています。
 また、手に蓮華や水瓶(すいびょう)を持つ姿が一般的です。泥の中から花を開かせる蓮の花は清浄な悟りの世界を象徴し、水瓶には功徳水と言われる私たちの苦を救ってくださる有り難い水が入っています。
 今回のこのコーナーでは、悦びを表現した、躍動感あるお姿の十一面観音を描いてみました。また、光背を蓮華の花弁でアレンジしています。今回の描くポイントは、微笑んだお顔、流れる衣文、そして躍動感です。
 どうぞ、印刷をされて、上に紙をあてて、なぞるなどして描いてみてください。
 彩色は、色鉛筆、水彩、マジック等、自由にお選びください。

【御真言:オン マカ キャロニキャ ソワカ】

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る