🕊「ウクライナ情勢」への皆さまのご提言、有り難うございました。

平和への提言 決定2

 3月3日に、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が本ホームページにて発表されました。その緊急提言を受け、仙台教会では「仙台教会公式LINE」を通じて、ウクライナ情勢、あるいは世界の情勢についての提言を3月6日(日)から13日(日)まで募集したところ、35名の方から、のべ45件のご提言を頂戴しました。
 ここに、その皆さまからの貴重なご提言をすべて掲載させて頂きます。
(記載は投稿順。明らかに誤字・脱字と思われる語句につきましては、編集担当で校正させて頂きました)

【質 問】
今のウクライナ、あるいは世界の情勢をみて、あなたが感じること、思うことをお書きください。

【回 答】
織笠裕章
常に関心を持って思いやる事を心掛けていきたい。
マザーテレサの言葉
『愛の反対は憎しみではない 無関心だ』
無関心であること、苦しむ者に関わりを持たずに傍観者であることが、愛の対極にある。

マリア
ウクライナ情勢を見て「ロシア=悪」と思うのは安易すぎると思います。何年も米国や欧州から戦争するように仕向けられてもずっと我慢をしていたプーチン大統領がこの度戦争に踏み切ったのは何故なのか?を何故考えないのか?
だからと言って私は戦争が良いとは思いません。どんな理由があっても戦争は反対です。ただロシアが悪でウクライナや米国が善と思うのは安易だと思っています。

マリア
世界の戦争は誰が何のために勃発しているのかを調べるべき。調べても本当の真実は分かりませんが表面だけを見て始めた方が悪と思うのは、真珠湾攻撃を本当に日本が奇襲したと思い込んでいるくらい無知で愚かな考えだと私は思います。
何も知らず何も調べずに表面だけ見て善悪を決めるべきではない。本当にウクライナが可哀想でロシアは可哀想ではないのか?この戦争が何を意味しているのかを見定める努力をした方が良いと思います。

みちよ
心から平和を望みます。

hiroyo
罪のない子供、ウクライナの人達がロシア軍の襲撃、攻撃を受け、多くの人々が犠牲になっている事に「この国はなんて事をするんだ!ひどい国だなぁ」と思いました。
世界各国で、デモが行われていますが、そこまでして続ける理由はどこにあるのか?と思います。
コロナもあり、大変な状況にも関わらず、事態が悪化していくばかりで本当かわいそうです。停戦を願いつつ、平和な国になって欲しいです。

平和希望
戦争に至ってしまった世界の指導者に失望しました。私自身の無力さも悲しいです。
領土、経済発展、歴史、自国の豊かさ、価値観、宗教など様々な事があると思いますが、現代において、相手の立場で考え、折り合いをつけられない人間。人間同士が命を奪い合うこと、無用な殺生をすることの愚かしさ。その事を共有できない無力さ。全てが悲しく悲痛でなりません。
日本においても武装化の話がありますが、賛成する人は自分自身が、または家族が、戦争になった時に兵士となる覚悟があるのでしょうか。想像力の欠如もまた問題だと考えます。

夢みる夢子
TVで着の身着のままと思われる小さなお子さんがポロポロと涙を流しながら、涙を拭った後、目の周りが土で黒くなったのを見て、心がしめつけられるように痛みました。
今私にできることは、朝夕に祈り続けること。毎日祈りを込めて献金すること。週一食を抜いて思いを味わうこと。家庭で小さな小競り合いになった時、会話を重ねてお互いを理解し合えるようにすること。を続けてまいります。合掌

佐藤巧
世界平和戦争のない世界共存共栄が望ましいと願っております。

ガーベラ
ウクライナの小さな男の子が「死にたくない」と言ったニュースに胸が張り裂けそうになり、今でもその男の子が脳裏から離れません。
祈りを続ける中で、私にも平和を乱す心がある事に気づき、私が平和な人になる事が大事だとおもいました。
近所の未会員さんに一食を捧げる運動の主旨をお伝えすると喜んで協力をしてくださいました。さらに身近な方々に平和への実践のお声がけをさせて頂きます。合掌

こあのばぁーば
毎日ニュースを見るたびに心が痛くなります。家族がバラバラになり、安心して暮らしている場所からなぜ逃げなければならないのか。心の底から頭にきます。
宮城では、震災で家や建物が破壊され、多くの人命も亡くなりました。ただこれは自然災害です。しかし、ウクライナは人的、欲望、思想により攻撃されています。私の知らない歴史があるでしょうが何故そこまでやるの!
プーチンは嘘つきとの報道をされています。国のトップに相応しくない人格で、ロシア国民もまた可哀想。
ニュースを見たあと、しばらくは心が痛く、この先どうなってしまうのかと思うと動揺しますが、心の平穏を保つために、今の自分をかえりみることをしています。日本という平和な国に産まれ、不自由なく育てて頂き、生かされていることに感謝しています。私に出来ることは、世界の出来事を知ること、そして人類の平和を願うことです。私は開祖さまの弟子ですから。ウクライナ国に一日でも早く平穏が訪れますように…合掌

太白支部 本多克次
コロナ終息がしない中、ロシアとウクライナの信じられない、見るに忍びない、まさかということが起きてしまいました。六道輪廻の地獄、餓鬼、畜生、修羅の心で充満しているプーチン氏が1日も早く人を慈しみ思いやる慈悲の心に気づくことを願って止みません。
自分に今何ができるか、自分もどういう人間になっていくのかを考えさせられます。一人でも多くの方と一緒に平和の祈りを捧げ、一食を捧げる実践を行います。合掌

マリア
皆さんウクライナ情勢と言いますが、これはウクライナ情勢でありロシア情勢でもあると思います。ウクライナ・ロシア情勢が早く非戦により平和的解決をしてウクライナも、ロシアも、平和で平穏な日々を過ごせますように。互いを尊重し、思いやり、調和した世界になりますように。
本日も心より願いながら今自分ができる精進を精一杯させて頂きます。合掌

MK
私の思う事。ニュースでウクライナの様子を見るたび胸が痛み、その様な状況にさせた国や人々に対し、憤りと憎しみを感じてしまいます。でも憎しみは相手を孤立させ追い込んでしまいます。平和から遠ざけます。
どうか人類の知恵で話し合いによる解決が出来るよう祈るばかりです。
 今私に出来ることは、どんな理由があろうと絶対に戦争はしてはならないと声を上げること。そして自分の回りにいる人を孤立させないことだと思います。1日も早く平和が訪れるよう念じています。

モネ
人と人とが命をかけて戦う必要性はありますか?
皆で、命を尊く思えていたら、武器もいらないはずです。国のリーダーに立たれる皆さん。命を大事に考えてください。
誰が喜ぶのでしょうか?
今、戦っている皆さんや、戦地と化した国で耐えている皆さんを大切にしてあげてください。
そして、リーダーの皆さん。戦いをやめない発言や、指示をするならば、あなたは一番に敵地へ向かい、戦いに立つ勇気はありますか?悲しみと、憎しみを増し、人の命を尊べない戦争は止めてください!
こんなにも、大変な事が起きてしまいました。一日も早く平和的解決に向けて有効な話し合いと、今以上に平和に対する皆さんの考えが深まりますように。
核も、武器も、武力もいらない世界になりますように。思いやりのある、優しい、温かい私になれるよう努力します。合掌

ヒムロック
時間的(歴史)にも、空間的(世界)に見ても、絶対に許されないことがあると思います。それは、人間の「いのち」、「人生」、「未来」を奪うことだと思います。
すべての人間に「仏性」ありの真理に基づき、久遠本仏が何か大いなる「気づき」を人類に望まれているのなら、それは何なのか?
しかし、一刻の猶予もありません。こうしている間にも、最も重く、尊い「いのち」が失われています。私が信じる久遠本仏さま、どうぞ愚かな私をお許し頂き、大慈大悲の御手を世界平和のためにお使いくださることを心から祈念いたします。合掌

匿名希望
心が痛みます罪もない小さな子が亡くなっていることに何とも言えない無念さを感じます。誰にでも仏性があると教えていただいています。プーチン大統領速くウクライナの人々の苦しさに気づいて下さい。お願いします!!!

HIMAWARI
ネットニュースが飛び込んでくるたびに、胸の痛む思いです。今この時を、ウクライナの人々は、どのように過ごされているのだろう?病気の方、お年を召された方、幼い子、そして、その方々をお世話されている人たちのことを考え、我が身に置き換えてみると、胸がつぶされそうです。
いかなる事態も、戦争をしてよい理由にはなりません。
ホームページでの近藤教会長さんの『緊急提言』のお言葉の通り、無力である私に出来ることは、『平和を祈る』ことです。そして、また、私自身の中に日々生じてくる『不平・不満・怒り』の心を、少しでも清めて参りたいと思います。合掌

サダーパリブータ
かつて「湾岸戦争」の時の会長先生のご指導を思い出しました。「戦争を引き起こす原因は、怒りの心です。まず私から《怒り》の心を滅していきたいと思います」。今後、どのような事態になろうとも、《怒り》ではなく《慈悲》の心を持ち続けていきます。合掌

マリア
日々ありがとうございます。本日、譬喩品を読誦させて頂きながら「火宅にいるのはウクライナだけではなく、ロシアもなのではないだろうか?」と思わせて頂きました。またご本部HPの開祖さまの3/8今日のことば「水勢に逆らわず」が心に響きました。
ウクライナの苦しみにもロシアの苦しみにも心を寄せて平和を祈願させて頂きます。合掌

仙台五郎
「戦争反対!!」「人命第一!!」

タリオン
今、恐怖にさらされているウクライナの方々に、一日も早く平穏な日々が帰ってくることを、切に願います。恥ずかしながら、正直、世界情勢の何たるかは、よく解りません。
しかしながら、「普通に食事が出来、外を出歩くことが出来、普通に寝ることが出来る」普段の普通が如何に有り難いことか、ということを強く感じています。どうか、どうか、早く解決しますように。

匿名希望
未来ある子供たちの泣いてる姿は、たまりません…戦いをやめて平和になりますように~!

賀代ちゃん
お釈迦さまは、人間の本質は仏性を持って生まれてきている。と教えて頂きました。でもそれが信じられない事が起きています。一刻も早く平和になる事を、こころから願っています。

はるこ
ウクライナ人の男性の言葉、「メディアに訴え武器を持たないで戦う」。ウクライナ人のお年寄りの言葉、「ここは私の国、ここから離れない」。
日本で暮らしているウクライナ人、ロシア人の言葉、恐怖、不安。その中で聞こえてくるゼレンスキー大統領暗殺、核兵器の言葉等々~みんな、命はひとつ!!命の重さを見つめよう!皆で祈ろう!皆で支え合おう!皆で声を上げよう!皆の声が日本中に!世界中に!絶対思いは伝わる。

M
平和だった生活が一瞬にして壊れ、誰のせいなのか、この怒りは誰のせいなのか、どこにぶつければいいのか、只ただ逃げ惑うしかない幼い子供やご年配、そして女性の方々の報道を見るたび心が痛みます。何とかしてやりたい思いでいっばいになります。早く早く誰も得しない戦争なんかやめてください強く、強く思います。

豊子
一秒でも早く戦争を止めて下さい。絶対反対です。

匿名希望
ウクライナ情勢をニュースで見るたびに、とてもせつない気持ちになり、いま私に出来ることは何かと自問自答する毎日です。
じつは今朝、主人と言い争いをしてしまいました。私の思いをわかってほしくて、怒りの感情を心の赴くままに、ぶつけてしまいました。会社に行く主人を見送ったあと、家に1人になり、冷静になった時、家庭での言い争いも、戦争のもとなんだなぁと思いました。目の前の方とのよきご縁にならせていただくことをあらためてお誓いさせていただきます。合掌

オレンジ
「21世紀は対話と外交の時代のはずだ。戦争と憎しみの時代ではない」パラリンピック開会式でのICP会長の言葉。はっとした。当たり前だと思っていたことが、今当たり前ではなくなりつつある。私には、これ以上世界の人々が傷つかないようにと祈ることしかできません。戦争に正当な理由はない。どんなことがあっても、戦争はいけない。

山田いつこ
戦争!!やめて〰!!核兵器使用しないで!!

タカ
戦争のない世の中になってほしいです!

高取
争いからは何も生まれない。世界が少しずつ明るくなることを祈って、また支援をしながら日々生活しています。

角田市 Y.S
他国に武力で侵攻し、核兵器使用までちらつかせているプーチンの非道は決して許されません。戦争で家族友人を失った方々にとってプーチンを恨み憎しむ気持ちは痛いほど想像できます。
でも私は開祖さま、会長先生を師と仰ぐ在家仏教者です。被害に遭われた方の支援を具体的にどうするか、プーチンの心の中の仏をどのようにして灯せるかを真剣に考え、行動に移す事が大事だと思います。

清野奈津江
開祖さまは、昭和53年の国連軍縮特別総会にて「危険をおかしてまで武装するよりも むしろ平和の為に危険をおかすべきである」と演説されました。開祖さまのこの訴えが心に響いていますが、昨今このお言葉が又々ズシンと重く心の中でリピートされます。
最近あるテレビ番組で今のロシアは裸の王様状態だと比喩していましたが、プーチン大統領にあなたは裸の姿なのですよと側近から声を大にして叫んで欲しい。

織江里枝
プーチンさん、あなたは戦争をしようと思って生まれてきたのですか!あなたの両親はあなたに戦争をしてほしいと願っていたのですか!ロシアの人はみんな戦争をしたいと思っているのですか!あなたの側にいる人たちが戦争をしろと言っているのですか!
プーチンさん、あなたは何に縛られているのですか!あなたの怒りはどこから来ているのですか!あなた一人の心ですか!私はきっとたくさんの先人たちの怒りが、あなたの怒りに同調して、あなたを苦しめているように思えるのです。
プーチンさん、時が来ればみんな死にます。あなたも!私も!。私は、死がやってきた時、少しでも人間らしく生きられたと、自分で自分をほめてやれる私でありたいと願っています。
だから、私はプーチンさんが怒り苦しみから解放されるよう祈ります。ウクライナ情勢が一日も早く平和的解決になるよう祈ります。そして、先ず私から相手の話をよく聞き、「認めて、ほめて、感謝する」実践をしていきます。

友子
一秒でも早く戦争を止めてください。戦争は絶対反対です。

佐藤
本日は東日本大震災から11年目を迎えました。テレビで今、ウクライナの人々が国を追われている姿に、大震災の時の事を思い出してしまいます。住み慣れた町、家を壊され親、家族とはぐれてしまい、泣き叫んでる子どもたち、見ているだけで胸が締め付けられます。
第二次世界大戦で日本に核爆弾が2つも落とされ終戦となり、もう二度と戦争は起きないと思っていました。
会長先生がおっしゃっているように、地球と言うただ一つの乗り物に乗り合わせている私たちである事。尊い命がこれ以上奪われないように、私は何が出来るのでしょうか?日々の祈りと一食の献金と教えて頂き、これを一人でも多くの人に実践してお伝えさせて頂きます。合掌

匿名希望
毎日、毎日報道を見るたび涙してます。とても残酷でたまりません。東日本大震災とロシアとウクライナ戦争が私の中で重なってしまいました。寒い、暗い、恐ろしい、怖い、、、形は違えども私達の思いは一緒と思い、今日献花をさせて頂いてきました。一輪の花に両国の願いを込めて参りました。
被災を経験した家族としては、これ以上ウクライナの国を破壊しないでほしい。プーチン大統領一人のわがままとしか思えません。ロシア、ウクライナの市民が一番の犠牲者です。とても心が痛みます。
『絶対に戦争をしてはいけない。核を持ってはいけない。一人一人の命を大事にする』ウクライナで店から商品の強奪がありました。一人の兵士が市民にむかって止めてました。その兵士と同じ気持ちになれたら世界は平和になれます。世界が一つになって心から祈ることだと思います。その中の一人でありたいと思いました。毎日募金してます。

多賀城支部主任一同
私達に今出来ることは、皆さまと心一つにして念じること。核は持たない、戦争は反対の声をあげること。教会長さんについていき、今出来ることをさせていただきます。
朝夕の御供養を通して、早く平和になりますようにと祈りを捧げて行くことだと思います。そして私達の身近にある一食平和基金でお役に立ちたいと思います。一日も早く彼らが安心できる日が来ることを祈り祈願供養させていただきます。私の誓願は一日一日を大事に生きる、世界平和に繋がるよう念じていくことです。
報道があるからこそ共感できる悲しみも身近になります。ウクライナに早く平和が戻りますよう念じさせていただきます。
日々の御供養に入る前に、一食を喜捨箱に100円を入れてから供養に入ります。近藤教会長さんのもと、全ての命を尊ぶ世界皆さんと心一つに祈り続けます。

匿名希望
ウクライナの人々が助かることだけを祈っております。攻撃が直ぐに止みますようにお祈りします。

匿名希望
毎日のニュースを見る度に、胸が苦しくなります。また、私たちの平和で豊かな暮らしが、祖父母の代をはじめとする、先人の方たちの努力の積み重ねの上に奇跡的に成り立っているということを、改めて痛感しています。
今後、日本も国防についての議論が活発になってゆくかと思いますが、我が国が唯一の被曝国であること、そして、平和国家を目指してきたからこそ、多くの国と豊かな国際関係を結んでこれたことを決して忘れてはいけないと思います。
今はただ、とにかくこの戦争が1日でも、1秒でも早く終わることを祈るばかりです。かけがえのない命が、戦争によって失われていくことが、本当に辛いです。悲しいです。
私は小学校教員をしているので、自分にできることとして、1人でも多くの子どもたちに、戦争の悲惨さと、平和の尊さを伝えていきます。子どもたちの今と未来が、とにかく平和であってほしいです。

澤口亜希子
先日近くに住む3歳の孫と河原に散歩に行きました。近くにバイパスがあり爆音を鳴らして車が走って行き、その音に驚いた孫はパニックになり、抱きしめて落ち着かせました。
ウクライナの方々を想いました。どんなに怖いだろう。辛いだろう。苦しいだろう。こんな平和な所に居ても見えない爆音に怯える。毎日伝えられる目を覆いたくなる現実。
私の出来る事…毎日のご供養で平和を念じる事、ユニセフ募金、自分の日常次々に起きてくる執着や争いの心を見つめ自覚する。自分の中にも争いの心もあり、もちろん仏性もある。みんな双方持っている。必ず平和になりたい!と願う心はみんなある。そう信じて毎日祈ります。合掌

澤口亜希子
先程送信したメッセージに追伸です。私に出来ること、一食運動、させて頂いております。

向日葵咲季子
戦争映画であるかのような光景に「何も出来ずに茫然自失」。尊い人命・建造物など一瞬にして跡形もなく破壊してしまう戦争。
ただ、ただむなしい。プーチン大統領は何を恐れて、こんなところまで、自分を追い込んでしまったのだろう。『孤独』という化け物? 「大いなるものへの、ひれ伏す想い(敬虔)」。今からでも勇気ある『ストップ』『悔い』を願います。

peaceful2022
今、ウクライナ情勢が緊迫して一刻を争う事態となっています。侵攻によって、街は爆撃され崩壊し、隣国に避難を余儀なくされるウクライナの人々。食料や医療品なども不足しているウクライナの報道を見ると、何か出来る事はないか、と。
ウクライナの現在の状況は、東日本大震災で被災した当時の状況と重なり胸が痛みます。水や食料もなく、寒さと恐怖の中で小さい子供を抱えた母親の姿に、人道的支援に少しでも役に立てて頂きたいと、朝食を抜いて祈りを込めて献金させて頂いている毎日です。
かつて開祖さまは、国連軍縮特別総会で、『危険をおかしてまで武装するよりも むしろ平和のために危険をおかすべきである』と演説されました。
一つの国や一人のひと『孤立』させるのではなく、共生。共に仏性を持った私達は、『一乗』でつながっているのだから。それは難しい時もあるかも知れませんが(如来神力品に未来は『通一仏土』になるとあるように)、平和の教えである『法華経』が、今こそ実践される時!という自覚に立って、共に『祈り』、一食を抜いてウクライナ、ロシア、世界の平和のために『一食を捧げる運動』をまず私から行動していきます!合掌

 たくさんのご投稿、有り難うございました。平和を願う心一つに、みんなで手を携え歩んでいきたいと思います。

合 掌
立正佼成会仙台教会

dc111008

黄色のバラ・・・花言葉は「友愛」・「平和」。心から平和をお祈りいたします。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2022.04.01 使用写真
    今年も4月を迎えました。8日にはお釈迦さまの「降誕会」を迎えます。今月は、そのお釈迦さまの教えを中心…
  2. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…
  3. キャッチ画像
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る