🙏12年間続けてきた、まごころの慰霊供養

1674085544508

真心こめて「供養塔」での最後のご供養をさせて頂きました。

 今年の1月11日をもち、山元町の普門寺に建てられていた東日本大震災犠牲者慰霊の供養塔を撤去することとなりました。地元会員たちがまごころの供物を供え、近藤教会長導師のもと最後の慰霊供養をさせて頂きました。
 大震災から12年を迎える今日に至るまで、ご住職である坂野文俊さまは檀家さん皆さまのお気持ちをお聞きしながらも、立正佼成会の慰霊碑を見守り続けてきてくださいました。そのお蔭さまで毎月11日の慰霊供養を続けて来ることができました。
 最後の慰霊供養の日は、穏やかで、とても暖かい朝を迎えさせて頂きました。ご供養が始まる時には、風もなく、綺麗な青空が広がり、ご供養中には時折、鳥が飛んできては何かおしゃべりをしているようでした。震災後より数年は、震災供養の日というと荒れた天気であったり、当時を思い出すような天候の日が多かったように思い出されます。12年という歳月を経て、少しでもみなさんの祈りが届いてくれたのでは?と思わせて頂きました。
 私たちは宗教者として、今後とも、悲しみを持ち続けている人々に寄り添い続けていきたい。心の復興を共に目指していきます。

合 掌
(文・写真 仙台教会教務部長 永浦佐知子)

1674085575134

撤去させて頂く東日本大震災犠牲者慰霊の「供養塔」

1674085584814

形とともに「心の復興」の大切さを伝える近藤雅則教会長

1674085561714

参加者全員で慰霊の誠を捧げ、心の復興への誓いを新たにさせて頂きました。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2021-17
    明けましておめでとうございます。新年も庭野開祖の珠玉のおことばを、毎月「一日一言」と題して、1つずつ…
  2. DSCF6243
    仙台教会では教会幹部が一体となって、最先端のデジタル技術を駆使しての“布教改革”に取り組んでいます。…
  3. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…

一食を捧げる

  1. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  2. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  3. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…

関連リンク

ページ上部へ戻る