人生もこの世界も私次第です(平成28年8月 近藤教会長)

8月『佼成』誌の庭野会長の法話は「まず自分から」というテーマです。この中から私が強く感じたことをいくつかお伝えします。

(1) まず、「人の捨てたゴミのことで、自分の心まで汚すことはない」
他人の捨てたゴミを目にして、ゴミを捨てたという行為を責め、捨てた人そのものへの嫌悪や憎悪までも感じてしまいます。しかし、自分の心を汚すのも清浄にするのも自分次第であることを実感。自分で自分の心や人格を汚さないよう、細心の注意をはらい怠らないことが大切だと思います。

(2) 「大自然が無償の恩恵を注ぐように、困っている人がいたら自然に手を差しのべ、汚れている場所があれば率先してきれいにする。そしてそれが楽しいという以外、何もとらわれるものがない」
私が最近よく口にすることば・・・それは『本気』。まさに「自ら」という主体性・自発性を表現したもの。「人から言われたから」「仕事だから」「役割だから」「周囲がそうしているから」と、受動的な生き方からの脱却を意図するものです。『本気』になれば、大変なことも楽しみになってくる。楽しくないのはまだ『本気』になっていない証拠ではないか。『本気』で仕事をする、『本気』で家族を愛する、『本気』で信仰する、『本気』で遊ぶ。こういうふうに生きることができれば、本当に幸せな人生だと思います。

(3) 「平和という意味では、積極的な行動だけがそのための「実践」ではなく、批判したくなるような人や許し難い人を包容していくこと、そういう意識の変革も、私たちの大切な実践行」
国際的なテロや国家同士の衝突が頻発しています。また日本国内でも、憲法・TPP・経済政策などについて、主張が真っ向からぶつかる場面が多々あります。巧妙かつ強引に進める首相のやり方に対して、時として許し難い感情が芽生えてきますが・・・、心は汚さぬように・・・汚さぬように。

これらのことばは、禅語の「随処に主となる」にも通じるように感じます。また、稲盛和夫先生の『京セラフィロソフィ』には、「会社というのはトップの器以上にはならない」ということばがあります。「我が家は私の器以上にはならない」、「仙台教会は教会長の器以上にならない」、そして「私の人生もこの世界も私の器以上にはならない」ということでしょうか。

合掌

平成28年8月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則DSCF1974

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る