こころの彩時記6「レッド」or「イエロー」

 我が国に和歌の世界では、「もみじ」と「鹿」がペアとなって、秋の歌として数多く詠(うた)われています。
 例えば、有名なところでは、「百人一首」にも選ばれている次の歌があります。 

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき
猿丸太夫 

 しかし、「もみじ踏みわけ 鳴く鹿の~」と慣用句的に使われる「もみじ」という言葉に、なぜか歌によっては「紅葉」「黄葉」というように「紅」と「黄」の2種類の使われ方がされています。ちなみに「鹿」は歌を詠っている人の、夫や妻あるいは恋人をさしていました。
 実はこの「紅(赤)」「黄」。日本の古代の人たちは、ある一つの大きな意味を持って、この2つの色を使い分けていたのです。「紅葉踏みわけ 鳴く鹿の」と日本の古代人が詠った場合、鳴いている鹿=愛する人がまだこの世に生きていることを表わします。
 ところが、「黄葉踏みわけ 鳴く鹿の」と詠われた場合、その鳴いている鹿=愛する人はすでにこの世にいない、すなわち死別してしまった人を思い、慕って詠った歌を意味していました。
 dc111535日本では死者の行く世界を、「黄泉の国(よみのくに)」と名づけ、黄色い泉の湧き出ている所としました。今でもその名残として入ってはいけない場所等には、黄色の看板やプレートがかけられたり、黄色と黒の縞模様のポールが置かれています。日本人にとって「黄色」は、古来、忌み嫌う色であったといえましょう。
 一方、紅=赤は、古代では「朱色」と呼ばれ、魔除けの色、おめでたい色として大事にされていました。天皇の御所や神社・仏閣といった建物はすべて朱に塗られ、今でもお祝いの色は赤です。赤い魚の真鯛や赤飯、そして紅白のご祝儀袋、垂れ幕などが、このことを如実に物語っているといえます。
 さて話はずぅーと遡って1950年代、清涼飲料水のコーラがアメリカからもたらされ、頭文字が「P」のコーラ「C」のコーラが熾烈なシェア争いをしました。また、1970年代後半、アメリカの「コル○○ト歯磨き」が上陸し、日本のメーカーは戦々恐々として迎え撃ちました。
 しかし、どちらも日本では「赤」を貴重としたデザインがより多くの人に受け入れられました。真っ赤なラベルの「C」のコーラが、世界的シェアでは上のはずの青と黄色のラベルの「P」のコーラを席捲。また黄色を貴重としたデザインのアメリカの歯磨きは、やがて日本からほぼ撤退していきました。
 このことにいち早く気づいた出版業界では、各出版社が自社で発行する出版物、特に週刊誌の表紙を飾るロゴをこぞって赤色にしました。今でも、週刊誌や女性向けのファッション誌などのほとんどが、その誌名ロゴに赤色を使っています。
 2000年近くにわたり日本人の心の中で培われ、生き続けてきた「色(カラー)」に対する深層意識。
 山々や木々が赤や黄色に美しく染まる季節となりました。今年も移り行く自然の色を楽しみたいですね。

このころの 秋の朝明(あさけ)に 霧隠り(きりごもり) 妻呼ぶ鹿の 声のさやけさ

(この頃の秋の夜明けは、紅色に染まる林にかかった霧の中で愛しい妻を呼び、鳴いている鹿の声が澄みきっていることよ)

『万葉集』より

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る