【第8回】この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる!! 平塚真弘(東北大学大学院 准教授)

第8回
この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる!!
― 宗教観を素粒子レベルで紐解いてみる ―

平塚真弘(東北大学大学院 薬学研究科 准教授)

◇感謝し、感謝されると「徳分」がどんどん貯まるらしい
 人は誰かを喜ばせるために生まれてきているそうです。これは、仏様や神様(いわゆる宇宙の大生命)と同じ性質を持っているということではないでしょうか。したがって、「ありがとう」「感謝します」のようなお互いに喜びを与える言葉(言霊)を発することで、喜びの共鳴、喜びのスパイラルが始まります。良い言葉を選んで使うこと、それを習慣化することが非常に大事になります。もし、マイナスの言葉を言ってしまったら、すぐに「~と昔は言っていたけど、今は違うよ」などと否定すれば良いでしょう。

 %e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1%e6%b1%ba%e5%ae%9a富士山を初めて見たとき、神々しくて、思わず手を合わせていました。私はこれまでに、富士山をけなす人に会ったことがありません。富士山は多くの人に喜びや感動を与えているので、いつでも誰からも感謝されています。きっと、富士山は長い歴史の中で多くの人に感謝され、その波動エネルギー(いわゆる「徳分」)が蓄積していることでしょう。だから、富士山を見ると感謝の波動エネルギー「徳分」がこちらにもやってくるので、思わず感動してしまうのでしょう。

 生まれてきたばかりの赤ちゃんを見ているだけで幸せな気持ちになります。きっと、赤ちゃんは人に見られる度に感謝のエネルギー「徳分」を積んでいることでしょう。以前のコラムでお話したように、積んだ「徳分」は、「不平不満」「愚痴」「泣き言」「悪口」「文句」「不安」「批判」「比較」「憎しみ」「争い」「口論」「他人の不幸」「怒り」を言うだけで綺麗さっぱりなくなってしまいます。赤ちゃんは、これらを言わないので、「徳分」がどんどん積まれるはずです。しかし、自我が目覚めて。「不平不満」、「愚痴」、「泣き言」、「悪口」、「文句」などを言い出すと、それまでの徳分はなくなってしまいますね。それは、もったいないので、マイナスの言葉(言霊)を言わない「自分ルール」を作ってみては、如何でしょうか。

(第9回に続く。次回更新は2017年7月1日です。どうぞ、お楽しみに!!)

※お知らせ!!

 7月15日(土)「盂蘭盆会」式典において、平塚真弘先生のご講演が決定しました。
仙台教会「あおばの会」第二回講演会ということで、ご講演のタイトルは「この世界の仕組みを理解すれば人生がより楽しくなる!」です。
 式典は、午前と午後の2回行われ、それぞれ同じ内容でのご講演を頂く予定です。午前の部は9:00開会~11:00閉会。午後の部は13:00開会~15:00閉会となります。参加費は無料。場所は午前、午後とも立正佼成会 仙台教会です。
 皆さま、ふるってご聴講ください。心からお待ちしています。
平塚先生 7月

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. キャッチ画像
    本年、教会発足60周年を迎える立正佼成会仙台教会では、その記念事業の一環として、「記念式典」が開式さ…
  2. キャッチ画像 決定
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」が、今年も第2期として開塾されました。今年の塾生…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る